医師メッセージ

平沼 進(ヒラヌマ ススム) 【下肢静脈瘤センター センター長】

専門分野
成人心臓血管外科、末梢血管外科
資格(所属学会等)
日本外科学会専門医/心臓血管外科専門医/腹部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤血管内治療実施医・指導医/臨床研修指導医

下肢静脈瘤を患っている人は思いのほか多く、全年齢では10人に1人とも50歳代以上では半数以上とも言われており、病気というよりは体質といった側面もあります。決して命に関わる病気ではありませんが、症状の程度はピンからキリであり、無症状の方も多くいらっしゃいます。初期の症状としては、足(脚)の重さやだるさ、かゆみといったものが一般的です。また、膨れた血管が目立って「見た目が気になる」といった美容的な問題が生じます。こじらせてしまうと、足が炎症を繰り返して ただれてくる うっ滞性皮膚炎 を併発する場合があります。
この病気は立ち仕事を中心とした働き盛りの方にも多く発症しますから、こうした症状の具合によっては、お仕事や生活のクオリティが大きく下がってしまうことになるのです。
この病気に対する治療として、以前は針金状の器具を使って足の静脈ごと引き抜いてしまうストリッピング手術が行われおり、術後の内出血や神経損傷による痛みなどに悩まされる方が少なくありませんでした。しかし、近年では特殊な高周波やレーザーが発生する装置を使用した「血管内治療」が主流になっています。ご希望によっては日帰り治療も可能ですから、患者さんの負担は大きく軽減しました。
当センターでは早くから血管内治療を導入し、下肢静脈瘤の豊富な治療実績があります。医療用接着剤を注入して治す最新の治療法も導入しておりますので、足のトラブルに悩んでおられる方はお気軽にお問い合わせください。
下肢静脈瘤治療につきましては、より簡便な方法が普及するにつれ、お金儲けや施設の実績づくりのため、治療の必要がない患者さんにまで手術を勧めてしまう残念な医療者の存在が問題になっております。当院では患者さんの症状や病状を正確に把握した上で、本当に必要な患者さんに限って適切な治療をご案内しますので、安心して受診いただきたいと存じます。

饗場 正宏(アイバ マサヒロ) 【戸塚共立第2病院 院長】

専門分野
成人心臓外科、血管外科、不整脈(ペースメーカー)
資格(所属学会等)
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術指導医/心臓血管外科専門医/日本外科学会認定医・指導医/日本胸部外科学会認定医・指導医/本超音波医学会認定超音波専門医/日本人工臓器学会評議員/ 胸部・腹部ステントグラフト実施医

患者様からよく聞くのは下肢静脈瘤で悩んでいたけれどどこを受診してよいかわからなかったというお声です。 下肢静脈瘤は血管の病気ですから治療にあたり専門的な知識や経験が必要です。 横浜戸塚下肢静脈瘤センターは経験の豊富な心臓血管外科医が治療にあたりますのでご心配なく受診してください。

expand_less ページのトップへ戻る