下肢静脈瘤とは

横浜戸塚下肢静脈瘤センター

下肢静脈瘤の保存的治療

治療の必要性は症状に応じて異なります。症状がないからといって放っておくと年齢とともに徐々に悪化します。 下肢静脈瘤は内服薬や注射薬による治療法はありません。

医療用弾性ストッキングの着用

軽い症状や静脈瘤が気になる方にまず行っていただくのが弾性ストッキングによる圧迫治療です。

医療用弾性ストッキングは下肢静脈瘤治療のために特別に作られたもので、市販のサポートストッキングよりも圧迫する力が強いのが特徴です。医療用弾性ストッキングで足全体を圧迫することで、表在静脈の血液の逆流をおさえ、深部静脈への血液の流れを助けます。

弾性ストッキングなどによる圧迫療法は、あくまでも進行防止・現状維持が目的で、 下肢静脈瘤そのものが治るわけではありませんが、症状が軽減することで、表在静脈の血液の逆流が原因と判断することができ、診断的治療とすることができます。

逆流する静脈の部位により、太ももまではく必要があるか、膝下で良いかが分かれます。

弾性ストッキング

下肢静脈瘤の原因 下肢静脈瘤の手術についてくわしくはこちら

ページのトップへ戻る