下肢静脈瘤とは

横浜戸塚下肢静脈瘤センター

下肢静脈瘤の診断

下肢静脈瘤の診断

ドプラ血流検査(超音波検査)

この検査では、器具を皮膚の上から血管に当てて検査するもので、超音波を利用して血液の逆流の有無を検査します。 逆流があるとブザーが鳴り確認することができます。痛みもなく、短時間で済みストレスのない検査ですが、下肢静脈瘤の診断に必要な情報のほとんどを得ることができる検査です。

カラードプラ検査(超音波検査)

この検査では、超音波を利用して血液の流れを色分けして表示でき、血流の逆流の様子を画像で捉えることができ、血管の状態を視覚的に確認し、血管内を観察することができます。

容積脈波検査

この検査では、足にマンシェットと呼ばれる(血圧の測定をお医者さんで受ける時に腕に巻くような)カバーを巻き、 空気を送り込み、足に巻いたまま、つま先立ちの運動をするだけで、足の静脈の容積や容積の変化といった静脈の機能を詳しく調べます。

静脈造影検査

この検査は、カラードプラ法でわからない部分の確認が必要な場合に、足の深部を走行している重要な血管(深部静脈)に 閉塞等の異常がないかを検査します。もし仮に深部静脈に異常があった場合、いくら下肢静脈瘤になってしまっている血管であっても 手術で取れない場合があります。この検査では、造影剤を足の甲もしくは内くるぶしあたりに針を刺し、そこから注入しながら足のレントゲン撮影を行います。 この検査は、他の検査方法が発達してきたため、最近ではあまり行わなくなっています。

CT・MRI検査

この検査は、静脈や静脈瘤の全体を立体的に画像として見られるので、分かり易く患者さんの体への負担も無いので便利ですが、この検査はあまり一般的ではありません。

下肢静脈瘤の治療 下肢静脈瘤の治療についてくわしくはこちら

ページのトップへ戻る