下肢静脈瘤とは

横浜戸塚下肢静脈瘤センター

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤は様々な理由で静脈が拡張してしまうために生じます。多くは表在静脈(大伏在静脈、小伏在静脈)の弁が壊れ、逆流してしまうのが原因です。そして、逆流した血液が表在静脈(大伏在静脈、小伏在静脈)の枝に流れ込んでくると拡張して静脈瘤になります。弁が壊れる原因は不明ですが、体質が影響していると考えられています。さらに長時間の立ち仕事、妊娠・出産などが静脈瘤を進行させます。他にホルモンなどが原因で静脈が拡張することがあります。

静脈弁

下肢静脈瘤の主な危険因子

下肢静脈瘤の症状 下肢静脈瘤の症状についてくわしくはこちら

ページのトップへ戻る