下肢静脈瘤とは

横浜戸塚下肢静脈瘤センター

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、下肢の静脈の弁が壊れて血液が逆流することでおきる疾患で、足の静脈がコブのようにふくらみ変形する病気です。足の血液循環が悪くなってうっ滞を起こすので、足のむくみや痛み、色素沈着や皮膚の潰瘍などの症状が出てきます。

下肢静脈瘤の画像

病態

病態 病態足

静脈は心臓から出た動脈の血液が全身を回った後に心臓に戻るための血管です。下肢の太い静脈は骨の近くや筋肉内を走行する「深部静脈」と、皮膚と筋肉の間を走行する「表在静脈」があります。

表在静脈には足首から太もものの内側を通り足の付け根で深部静脈に合流する大伏在静脈とふくらはぎの後面を通り膝の裏で深部静脈に合流する小伏在静脈があります。さらに、「交通枝」という深部静脈と表在静脈をつなぐ枝が存在します。

人は立って生活していますので、下肢の静脈は重力に逆らって足先から心臓に血液を戻さなければなりません。このため深部静脈と表在静脈には所々に逆流防止の弁があります。歩行や足を曲げ伸ばしすることで筋肉が縮むと静脈が圧迫され血液が上方に移動しますが、拡張するときに弁が閉じ逆流しないようになっています。

また、交通枝では表在静脈(大伏在静脈)から深部静脈へ血流が流れます。

下肢静脈瘤の原因 下肢静脈瘤の原因についてくわしくはこちら

ページのトップへ戻る