横浜戸塚下肢静脈瘤センター 横浜戸塚下肢静脈瘤センター 横浜戸塚下肢静脈瘤センター

横浜戸塚下肢静脈瘤センター

足の静脈が膨らんでコブのようになる、足がむくむ、だるい、つる、足の皮膚が黒くなり、かゆい

下肢静脈瘤は、下肢の静脈の弁が壊れて血液が逆流することでおきる疾患で、足の静脈が拡張して浮き出て見えるようになる病気です。一旦発症すると治りにくく、加齢とともに症状が悪化するため早目の治療が大切です。

足の静脈が膨らんでコブのようになる、足がむくむ、足がだるい、足がつる、皮膚が黒くなり、かゆくなるなど気になる症状がありましたら、どうぞお気軽に横浜戸塚下肢静脈瘤センターにご相談ください。

横浜戸塚下肢静脈瘤センターのご案内

今までは弁が壊れた静脈を抜去する手術(ストリッピング手術)を行っていました。血管内レーザー焼灼術は皮膚を切開せずにファイバーを静脈に刺入し、レーザーを照射することで静脈を中から閉塞させる方法です。

2011年1月から保険適応になるレーザー機材が認可され、当院は横浜市で4番目に導入しました。利点は手術の傷がなく術後の痛みがほとんどないことです。静脈瘤自体は今までどおり切除を行いますが小さな傷でほとんど目立ちません。

2015年9月からは、より痛みの少ない高周波機器を導入いたしました。
当センターでは日帰り又は1泊2日の短期入院でより高い治療効果が得られるよう努力しております。

下肢静脈瘤施設認定

当センターは、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施施設として認定されました。

下肢静脈瘤施設認定証

施設詳細 施設詳細へ

血管内レーザー・高周波治療

皮膚を切開せずにファイバーを静脈に刺入し、レーザーや高周波を照射することで静脈を中から閉塞させる方法です。

血管内レーザー治療

治療詳細 治療詳細へ

ページのトップへ戻る